「J-SCDI」は、治癒の基本を人間本来の生命力・自然治癒力と考える医師・研究者のグループです。
  

がん・難治性疾患総合治療研究報告書(ダイジェスト版)

 
 
要パスワード
 
 
TOP
       
CRPS複合性局所疼痛症候群・神経障害(脳障害にも共通)

医療機関で血液検査の為の左肘部採血時に、誤刺により運動神経障害が生じた。

複数の医療機関での治療を受けるが、悪化するばかりで好転せず。先の医療機関では神経の損傷が見られず、痛みの原因が精神面との見解もあった。

約半年後に「SCDI」方式実施の依頼を受けた時点では、左腕から左肩、頸椎にかけて強い痛みがあった。


注意すべきは、左腕から頸椎に至る広範囲に強い浮腫みと、深部に弾力の無い硬化した層があることである。

明らかに、この状態は広範囲な循環代謝不全の状態であり、筋肉や腱の痛み、強張りが左手を動かせない原因となっていると考えられる。

当初の運動神経損傷が、自律神経の領域にまで悪影響を与えたとも推測できる。

左腕は、わずかに動く状態。 SCDI」方式の実行により、循環代謝を促進させると大幅に運動機能を回復した。
脳梗塞等の脳障害による運動機能の低下も、殆どが同様の効果を現す場合が多い。
当初は苦痛の為に、絶えず歩行時は前屈みになっていましたが、「SCDI」実施後、真直ぐに姿勢を保つことが無意識の内に出来ました。